webスタッフ

風俗に限ったことではなく、どのようなビジネスでもインターネット戦略が欠かせません。特に風俗ファンは複数のお店のホームページを見比べ、その中からひとつのお店を選んでいます。そのため、お客さんを呼び込むためにはインターネット戦略が欠かせないのです。男性向けの風俗求人をチェックするとWEBスタッフの募集が出されており、スキルを持った方であれば成功するチャンスがあるのです。

現在の風俗店のほとんどがホームページを持っていますが、風俗店にとってホームページは顔のような存在です。そのため、お店のカラーを伝えられるようなホームページデザインを心がけましょう。特にデリヘルは受付がありませんので、ホームページのプロフィールをチェックして女性を指名します。こういった理由からデリヘルのホームページは注目度が高いので、やりがいのある仕事でしょう。

風俗店のホームページはプレイ料金、在席女性のプロフィール、出勤予定など、基本的なコンテンツだけではありません。お店によってはグラビア、ムービーなどのコンテンツが用意されており、より女性の魅力が伝えられるのです。そのため、WEBスタッフはお客さんが興味を持ってくれようなデザインセンスが求められます。

店長・幹部候補

男性の風俗求人では、風俗店の経営を行っている店長・幹部候補の募集も行っています。風俗店を流行らせるためには、ルックスやスタイルの良い女性だけを揃えれば良いというものではありません。店長や幹部がお店の戦略を立てて、イベントやお店のコンセプトを考える必要があるのです。

風俗とは非常に特殊なビジネスシーンであることから、常に流行の流れを読み取る必要があります。風俗ファンとは常に新しい刺激を求めており、同じコンセプトを続けていてはお客さんがやってこないのです。そのため、風俗シーンだけでなく世間の流行にも敏感でなければなりません。そして、どういったプレイやコンセプトが求められているのか研究をしましょう。コンセプトを充実させることでお店を流行らせることができるのです。

風俗店にとって女性は大切な存在です。そのため、店長や幹部スタッフは女性のケアも欠かせません。風俗店で働く女性はさまざまな事情を抱えており、不安や悩みを持っているもの。そのため、女性の相談に乗って不安を解消し、女性が少しでも働きやすい環境づくりを心がけましょう。店長・幹部候補は非常にハードワークではありますが、頑張り次第によっては独立なども可能な仕事です。

送迎ドライバー

現在の風俗シーンにおいて、最も勢いのある風俗はデリヘルでしょう。デリヘルはラブホテルやレンタルルームでプレイを行いますので、女性はそちらまで移動してプレイをしなければなりません。徒歩で移動可能な距離であれば問題ありませんが、郊外のデリヘルですと車でなければ行けないことも多いのです。そのため、デリヘルには専任のドライバーが欠かせません。ドライバーは、ラブホテルだけでなく自宅への送迎の仕事もあります。

送迎ドライバーはプロドライバーのひとつですが、特殊な免許は必要ありません。普通免許を持っていれば働くことができます。ドライバーが運転する車はお店が所有している場合もありますが、自分で車を持ち込む場合もあります。

自分の車を持ち込む場合は車内の清潔感にこだわりましょう。送迎では女性を乗せますので、女性が快適に過ごせる環境を提供してください。シートや足元を清潔にするだけでなく、ニオイにも注意しましょう。女性はニオイに敏感なものです。とくにタバコを吸う男性は車内のニオイへの配慮が大切です。

車を運転するにはガソリンが必要ですが、ガソリン代が支給される場合もあれば支給されない場合もあります。支給されないお店は時給にガソリン代が含まれているケースが多いです。気になる男性は、事前に確認をしましょう。

男性向けの風俗求人について

風俗で働く人は女性というイメージがありますが、そのようなことはありません。男性スタッフがいなければ風俗店を営業することはできないのです。風俗求人雑誌や風俗求人サイトは女性向けだけでなく、男性向けの求人情報もあります。それでは、風俗店にはどういった男性向けの求人が出されているのでしょうか。

デリヘルであれば送迎ドライバーが欠かせません。デリヘルはラブホテルやレンタルルームでプレイを行いますが、徒歩では行けない距離の場合もあるのです。そういった場合は専任のドライバーが送迎を行っています。ラブホテルは密集していることが多いため、お客さんを待たせずに送り届ける必要があります。そのほかに、女性を自宅まで送迎する業務もありますので、デリヘル以外の風俗店でも送迎ドライバーの募集を行っています。

そして、風俗店では経営そのものに関わる店長や幹部が存在しますが、そういった店長・幹部候補の募集も行っています。風俗とは特殊なビジネスであることから、難しいジャンルではありますが大きなやりがいがあるでしょう。

また、現在のビジネスシーンにおいてインターネット戦略は欠かせないものです。これは風俗の世界でも同様のことで、ほぼすべての風俗店がホームページを持っています。さらに、多くのお客さんはホームページをチェックしてお店を選んでいますので、ホームページはお店の顔のような存在なのです。そのため、WEBスタッフの募集も数多く見られます。